使い終わった参考書 買取してもらおう

参考書には鮮度があります。鮮度保持期間は長くて2〜3年程度です。

学習指導要項や入試問題の傾向は変わってしまう可能性があります。

ですから、早めに売ってしまう必要があるのです。

 

 

売るのは、参考書 買取専門店です。漫画や小説を扱う専門店には、

くれぐれも売らないようにして下さい。

 

最近では、ネット上の参考書 買取専門店が多くありますから、

店舗に足を運ぶ手間と交通費を考えると、

それらを利用した方が効率的と言えるでしょう。

 

 

ただし、ネットの買取店は参考書を送ってから査定を知ることになります。

気に入らなければ返品してもらえますが、送料は負担する必要があります。

冊数によっては、送る時に送料が必要な場合もあります。

 

 

迷ってしまうところですが、ネットでの参考書 買取店を利用する場合には、

利用条件をよく読んで、出来るだけ経費の少ないところを選びましょう。

 

また、検索して買取店の評判を確認しておくことも大切です。

評判の良い店を中心に選ぶと良いでしょう。

 

参考書・テキスト高価買取の学参プラザはこちら

 

 

Leave a Reply